拉致問題

第208回通常国会が1月17日から開会されています。本国会においても、北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会に属し、3月11日質疑に立ちました。

この委員会は、北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査を議題として行われています。

私から、政府へ北朝鮮の拉致問題に対する考え方について説明を求めました。

林外務大臣より、「北朝鮮は、昨年2021年10月には拉致問題は解決済との発信を行っています。我が国として、この主張を受け入れることはできません。日朝平壌宣言に基づいて拉致・核・ミサイルといった諸懸念案を包括的に解決し、不幸な過去を清算して国交正常化の実現を目指します」との答弁がありました。

岸田政権の決意についても確認し、日本政府がやるべきことを、早急に行わなければならないことを強く要請しました。

委員会の途中、東日本大地震から11年目の発災時刻(14時46分)に黙祷を捧げました。心からのご冥福をお祈り致します。

詳細は、下記リンクから審議中継をご覧いただけます。

https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/detail.php?sid=6727#4662.0

本ページメニュー【柳田稔オフィシャルブログ】も是非ご覧ください。